緩和ケアとは

緩和ケア

がんなどの重い疾患を抱える患者さんは、その疾患自体の症状のほかに、痛み、倦怠感などのさまざまな身体的症状や、落ち込み、悲しみなどの精神的苦痛を経験します。
「緩和ケア」は、そうした身体的・精神的な苦痛をやわらげ、患者さんのQOL(生命や生活の質)を高め、「人間らしさ」を保って生きていただくためのケアです。
したがって、直接「治癒」を目指す治療とは一線を画します。
しかし、緩和ケアを受けると、例えばがんを例に挙げれば、痛み、倦怠感、吐き気、嘔吐などの苦痛が緩和され、がん治療に取り組む意欲が湧いてきます。ですから緩和ケアは単なる苦痛の除去に留まらず、本来的な治療の一助にもなるのです。痛みを我慢するのは、けっして得策ではありません。
当院では、この緩和ケアを外来にて行っております。患者様のお話を寄り添うようにお聞きすることで精神的苦痛をやわらげ、必要最小限の鎮痛薬で身体的苦痛を緩和いたします。

緩和ケアのための主な薬剤

モルヒネ

がんなどの痛みの治療に用いられる代表的な医療用麻薬は「モルヒネ」です。モルヒネは中等度から高度の痛みに対して用いられます(強オピオイド)。モルヒネには、飲み薬、坐薬、注射薬、張り薬など、多くの剤形が揃っており、種々のケースに対応して使い分けます。
体の中には医療用麻薬と同じ働きをする「β‐エンドルフィン」と呼ばれる物質があります。β‐エンドルフィンは、脳内や脊髄内の受容体に結合し、痛みを脳に伝える神経の活動を抑制して、強力な鎮痛作用をもたらします。医療用麻薬も同様のメカニズムで鎮痛作用を示すのです。 ここで、麻薬と聞くと不安に感じる方もおられるかと思いますが、医師が適切に使用する医療用麻薬は、たとえ量が増えたとしても中毒を起こすようなことはなく、安全です。

コデイン

軽度から中等度の強さの痛みに対して用いられる代表薬が「コデイン」です(弱オピオイド)。コデインは、モルヒネに比べて鎮痛、麻酔作用は弱いものの、鎮咳、鎮静作用は劣りません。

アスピリンほか

軽度の強さの痛みに対して用いられるのが、アスピリン、アセトアミノフェン、イブプロフェン、インドメタシンなどです(非オピオイド鎮痛薬)。テレビCMなどで聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。広く用いられている一般的な鎮痛薬です。

鎮痛補助薬

主たる薬理作用には鎮痛作用がありませんが、鎮痛薬と併用することによって鎮痛効果を高め、特定の状況下で鎮痛効果を示す薬物です。抗うつ薬、抗けいれん薬などが代表的です。鎮痛薬だけでは痛みを軽減できない場合に用いられます。

緩和ケアの主な対象疾患

がん

がんの緩和ケアと聞くと、がん治療ができなくなった患者さんへの医療、がんの終末期に受ける医療だと勘違いなさっている方も、まだまだ多いようですが、がん治療の初期段階から、がん治療と一緒に受けるべきケアなのです。

リウマチ

リウマチ(関節リウマチ)は、本来なら外敵を攻撃するはずの免疫が自分の体を攻撃し(自己免疫)、主に手足の関節が腫れたり痛んだりする病気です。その痛みは計り知れず、患者さんを苦しめます。痛みは一種のストレスであり、我慢すれば体に悪影響を及ぼしますので、緩和ケアで痛みをやわらげたほうが良いでしょう。

慢性疼痛

痛みの原因となる疾患や外傷が治癒した後も持続する疼痛のことです。リウマチや糖尿病など進行性の疾患による痛みのほか、慢性頭痛などの原因が明らかでないものも含まれます。通常の治療では治しにくい痛みなため、患者さんの性格や人生にも影響しかねませんので、適切な緩和ケアが必要です。

診療カレンダー- Calendar -

11月
26272829303101
02030405060708
09101112131415
16171819202122
23242526272829
30010203040506
12月
30010203040506
07080910111213
14151617181920
21222324252627
28293031010203
  • 診療日
  • 午後14:00~17:00
  • 休診